【港区委員会 地区事業】第2回港区アートフェス ~ Stay Home で SDGs アクション ~

アクション
  1. ホーム
  2. アクション
  3. 【港区委員会 地区事業】第2回港区アートフェス ~ Stay Home で SDGs アクション ~

どんな経緯でその取り組みを行うことになったのか?

昨年はお台場とオランダのアムステルダムでも開催がされましたが、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインでの開催となり、絵または写真の募集から展示までを全てオンラインで完結できるようにしました。

何をしたのか?

ホームページ上にはSDGsの説明動画を貼り付けてありますがそれたけでは中々理解を促すのが困難なため、オンラインのワークショップも開催しそこで参加者に絵を描いてもらい、どんな思いでその絵を描いてくださったのかという発表も行いました。 9月4日には虎ノ門ヒルズにて、コロナ対策を万全にしながらレセプションも開催いたしました。そこでは、港区長賞、教育長賞、JC賞の表彰や少年少女国連大使事業にて東京の高校生代表である平島ひなたさんのご講演の他、昨年度アムステルダムでも開催された様子の報告、各国大使、大使館関係者にもご参加をいただき集まった作品を見ながらSDGsへの理解を深める時間をご提供させていただきました。応募点数に関しては、430点もの作品を頂きました。

オンラインとはいうものの上記表彰がありましたので感染対策を万全にした上で、参加者を絞りレセプションを開催致しました。

委員会として、どんな思いをもって活動したのか?

この事業がSDGsの認知度を上げ、個々人の日々の生活の中で一つでも行動変容に繋がることを目指しています。