【板橋区員会 丸山裕隆】新型コロナウィルスの影響による事業の対応

チャレンジ
  1. ホーム
  2. チャレンジ
  3. 【板橋区員会 丸山裕隆】新型コロナウィルスの影響による事業の対応

板橋区員会 丸山 裕隆 君のチャレンジ

このページでは、東京青年会議所のメンバーの新型コロナウイルス感染拡大状況下で取り組んでいることを紹介しています。

コロナの影響で仕事が100%完全テレワーク

仕事が100%完全テレワークになり自宅(埼玉県東松山市の)からの外出はもちろん、所属する板橋区委員会への参加も都道府県を跨る移動のため、難しくなりました。

自身にできることを行動をする必要があると感じ、比企JCの想いに賛同して活動に参加

2019年の台風災害の際に参加した地元の比企JCの方たちが次亜塩素酸水を配布する活動を行っていた。活動をすることに抵抗はあったが、自身にできることを行動をする必要があると感じました。ウィルスの蔓延状況や活動に対する比企JCの想いに賛同して参加。

高校時代の友人をアテンド⇒入会に繋がる

高校時代の友人をアテンド⇒入会予定。比企JCの拡大に繋がった。また、一般参加者として知人たちが参加をしてくれたことによってJCを認知してくれる人が増えた。普段、SNS等で発信はしているが、知人たちの漠然とした理解だったものが深まった気がします。

今だからこそ、この場所だからこそ出来ること

外出自粛や、人との接触を避けるなど一見ネガティブな事も多いですが、今だからこそ、この場所だからこそ出来ることがやはりあると思います。そんな中、板橋や東京の事業などはなかなか参加は難しい丸山君が地元の地域の人たちのために奮闘する姿はメンバーをはじめ全ての市民の模範になると思います。このように輝いているメンバーがたくさんいる青年会議所で共に活動しましょう!