【板橋区委員会 安達 未悠】新型コロナウィルスの影響による事業の対応鍛錬と新事業の準備

チャレンジ
  1. ホーム
  2. チャレンジ
  3. 【板橋区委員会 安達 未悠】新型コロナウィルスの影響による事業の対応鍛錬と新事業の準備

板橋区委員会 安達 未悠 君のチャレンジ

このページでは、東京青年会議所のメンバーの新型コロナウイルス感染拡大状況下で取り組んでいることを紹介しています。

売上は4月~5月中旬まで通常の 10% 以下

鍼灸マッサージ院は治療所扱いになり営業は可能でしたが、ほとんどの患者さんが外出を控えていました。出張も対応していましたが同じような状況。売上は4月~5月中旬まで通常(今年の月平均)の10%もない状態でした。

テストマーケティング

新しい事業の準備期間と考え、2つのことに関してテストマーケティングを行いました。

A:毎朝経絡ヨガオンラインレッスン
B:おうち時間に、癒しの漢方グッズ販売

A:経絡ヨガ

自分のトレーニング兼指導練習用に、母校の水泳部の生徒を集めて4月後半から毎朝7:30に1時間ほどヨガの練習をしています。

また、子育て世代以降の女子を対象に週2回オンライン経絡ヨガグループレッスンを開催しました。プライベートレッスンも無料で行っていました。

無料グループレッスン

5月毎週
水曜日8:45-9:45
土曜日9:00-10:00

プライベートレッスン

体質とレベルを診断した上でその人に合ったポーズを組み合わせた50分のクラス。内臓の働きをよくし体を元気にします。

B:漢方グッズ販売

仕入れた漢方を組み合わせて、お茶や入浴剤を数量限定で販売。
美味しくて体が良くなる上に、おうち時間が華やぐとお客様から喜ばれています♡

対処の結果どうなったか?

A:経絡ヨガについて

自宅でヨガができることは、移動時間の短縮、遠方からの参加、子供を側においてできる、などの利点がたくさんありました。先生の実際の補助などはないものの自宅というリラックスした場所で先生だけを画面に大きく移せば他の人を気にせずに体を動かすことができると好評でした。

今後は、ヨガを①鍼灸や漢方への導入のため、②お客さんとのコミュニケーションや状態把握のため③健康維持や東洋医学の啓蒙のため、のツールとして使っていきたいと考えています。

B:漢方グッズの販売

今までは治療だけが収入源でしたが、今後は漢方の販売で売り上げを伸ばすことを考えています。インスタというツールを使ってどのくらいの方が反応して実際に購入してくれるのかなどを知ることができたし、仕入れや支払い方法などの一連の流れを確認できた。

今後の課題は、SNSでの配信の頻度を上げフォロワーを拡大する、ホームページのSEO対策強化など。

拡大支援委員会として拡大へ繋げるような一言

私のような小さな個人事業主に対してもJC のメンバーは協力的です。JC活動の時に個々の事業の話が出ることは少ないですが、特に今回のようなとき、互いの状況を理解しようとしてくれる、できることがあれば助けてくれる。そんな心強いメンバーがたくさんいるなと感じました。