【大田区委員会】ありがとうのお弁当

アクション
  1. ホーム
  2. アクション
  3. 【大田区委員会】ありがとうのお弁当

「ありがとうのお弁当」プロジェクト始動

― 大田区の「子ども食堂」、「区内飲食店」、「青年会議所」が手と手を取り合い、食事を必要とする子どもたちにおいしい「大田区」ごはんを。

さまざまな子どものために、日本全国で2000か所以上の「子ども食堂」が運営されています。子どもたちに食事だけでなく、さまざまな学びや交流の機会を提供する場所でもあります。

しかし、新型コロナウィルス感染拡大、外出自粛、休校・休園などをうけ、「子ども食堂」はその運営に大きな困難をかかえています。

休校・休園となっている今こそ、食事を必要としている子どもたちも沢山います。

公益社団法人東京青年会議所 大田区委員会では、この「いま」の状況を受けて、都内で始めてこども食堂というこどもの支援を始めた「だんだん 子ども食堂」、そして区内の飲食店と手を取り合い、「食事」を必要とする子どもたちにお弁当を届ける「ありがとうのお弁当」プロジェクトを行います。

こども食堂の支援とともにコロナ禍の中で苦境に立たさせれている飲食店の支援、さらに社会を支える構図を作り上げるためのプロジェクトとしてこの企画に取り組んでいきます!

今後詳細をアップしていきます!フォロー、シェアをよろしくお願いします!!

「ありがとうのお弁当」プロジェクト